アパート・マンション経営は会社経営と一緒です。 大家業=社長業です。
では、社長業とは? 大家業で成功している人でアパート・マンション経営を管理会社に任せっきりにしている人はいません。管理会社を上手にコントロールしています。
しかし、プロである管理会社をコントロールするためには実務知識が必要です。
実務知識を体系的に習得できる機会があります。それが不動産実務検定です。
不動産実務検定を開催する『アパマン経営の寺子屋』は少人数制です。
管理会社を上手にコントロールするために必要な知識を体系的に学んでください。

TOP > 不動産実務検定認定講座 > 5/29(水)から不動産実務検定マスター認定講座開催

5/29(水)から不動産実務検定マスター認定講座開催

不動産実務検定認定講座 
「不動産のプロ」の実践ノウハウをマスターできます!

当講座では、机上ではなく、みずからも実践している「不動産のプロ」の実践知識・ノウハウを学ぶことができます。
あなたがこの講座を通じてマスターできるノウハウの一例をご紹介します。

■賃貸市場の流れトレンド・投資スタイルの導き出し方
■取引の基本になる不動産関連法規
■不動産特有の税務の理解と各種税金対策手法
■ローンの借り方、返し方、有利な条件で借りるための融資交渉術
■各種リスク対応、リフォーム等、安定経営に必要な管理実務ノウハウ
■物件情報の集め方と吟味の方法
■築年数別の利回り判定方法
■物件調査の仕方、地域環境調査のポイント
■高確率で交渉がまとまる買付の仕方、交渉術
■高条件で融資を受けるためのローンの申し込み方法、借り方、返し方
■購入希望物件を買うためのファイナンス

これらの知識・ノウハウは不動産のプロが、長い時間をかけて、汗水を流しながら習得したものです。 当講座を受講すると、あなたはプロの実践知識・ノウハウをまるごと身につけることができるのです!
 
3時間×4回で学ぶ少人数制講座です。二カ月間かけてしっかり学びましょう。
botan_mousikomi.gif

さらにワークショップでは不動産の企画書を作成します。 ここでマスターできる知識は新築を建てる場合や相続に関わる場合にも活用することができます。

お願い
プロの実践知識・ノウハウをまるごと身につけることができた後に絶対に悪用しないでください。
世の中には著者の仮面を被った実務を知らないなんちゃってコンサルタントが大勢います!

『か●ちゃの●車』と同様のエセコンサルの話もよく聞きますので自分だけ稼げればいいやという受講生は他で受講してください!
 
botan_mousikomi.gif

●受講料:216,840 円(テキスト代、テキスト送料、税込)

●実施日 全5日間(12時間)コース(各3時間×4日間)(5時間×1日間)
1日目 2019/5/29(水)13:30-16:30
2日目 2019/6/5(水)13:30-16:30
3日目 2019/6/12(水)13:30-16:30
4日目 2019/6/19(水)13:30-16:30
5日目 2019/7/16(火)12:30-17:30(予定)
(5日目ワークショップは本部受講生と合流します!)
 
●開催場所 三鷹近辺(お申込みの方にのみお知らせします) 
●講師 大川他
●お申込み締切は5月19日(日)です

お知らせ
講師は大川、石坂の他、J-REC認定講師が担当いたします。

・テキストは230ページ超のポリュームです
・講座当日はテキスト・筆記用具・受講票・電卓を持参して下さい
・講座終了後はご希望者にて補習講座(懇親会)を開催します!

認定プロセス: マスター認定者になるためには、認定講座修了後、後日、提案書作成課題と講演実技審査があります。 

主な審査内容
・資産分析提案書課題の審査
・支部及びSG登録希望者は要講演実技審査(約30分の模擬講演をしていただき審査いたします)

*認定審査には別途審査料1万円(+税)及び会場までの交通費等をご負担いただきます。 合格者には別途J-REC入会金、認定料、年会費として1.5万円〜6.5万円の費用※がかかります。(※マスター認定・SG認定・支部認定の別により費用は異なります)
 
*審査に不合格となり認定されなかった場合にも、研修費用及び審査料は返金されませんのでご了承ください。
 
昨年マスター認定講座に参加された感想
★流石にマスターというだけあって、実務に活かせる内容となっています。特に企画課題は現在直関わっている実家建替えなどでも相当活かせております。相続に関する内容も深いため多方面で幅広く使える知識、スキルが習得できます。今後は是非アウトプットしていきたいと思います。
調布市/伊藤さま
 
botan_mousikomi.gif

単に収益増ではなく、共に社会を変える!という志の高い方を募集
 
今後の不動産業界の将来を予測すると、もはや個人的損得ではなく社会全体の将来を見据えた活動が不可欠となっています。
たとえば、空室問題がいずれ大きな社会問題になることがわかっていれば、今後増えるであろう高齢者や外国人、障害者入居などへの対応を積極的に研究していく必要があります。
そして不動産業者だけでなく、大家さん自身のレベルも底上げし、お互いがお互いのお客様である入居者のことを真剣に考え抜いて経営を行う。そんな環境をつくらなければ、この業界自体が衰退してしまう恐れすらあると思うのです。
ですから、儲けることにだけ興味がある方のご参加はご遠慮願います。
 
単に収入アップだけが目的ではなく、不動産業界全体を良くしていきたい、一緒にそのような活動に取り組んでみたいという方なら大歓迎です。
今後、経済的豊かさを手に入れた人たちが、社会貢献に目を向けるのは自然の流れになっていくことでしょう。
是非、私たちと一緒に社会的意義のある活動をしていきましょう。
あなたのご参加を心よりお待ちしております。
 
botan_mousikomi.gif