アパート・マンション経営は会社経営と一緒です。 大家業=社長業です。
では、社長業とは? 大家業で成功している人でアパート・マンション経営を管理会社に任せっきりにしている人はいません。管理会社を上手にコントロールしています。
しかし、プロである管理会社をコントロールするためには実務知識が必要です。
実務知識を体系的に習得できる機会があります。それが不動産実務検定です。
不動産実務検定を開催する『アパマン経営の寺子屋』は少人数制です。
管理会社を上手にコントロールするために必要な知識を体系的に学んでください。

TOP > イベント > 2017/1/28 第14回賃貸経営カレッジは林 浩一氏による「満室経営のレシピ」

2017/1/28 第14回賃貸経営カレッジは林 浩一氏による「満室経営のレシピ」

イベント 賃貸経営カレッジ 
〜  【第14回賃貸経営カレッジ】を武蔵野市で開催いたします!〜

20160126_00.jpg

2017年最初の『賃貸経営カレッジ』は、賃貸UP-DATE実行委員会 代表の林 浩一先生を招いて1/28に開催します!

入居の旬と言われる3月ですが、実は退去の旬でもあります・・・
退去のたびに空室で苦労している大家さんは必見です。

今回は、長期満室経営をする代表的な大家さんである林 浩一先生から満室対策についてお話ししていただきます。

botan_mousikomi.gif

【第1部】 『満室経営のレシピ!』
〜賃貸にストーリーブランディングを取り入れましょう〜

★講師 : 林 浩一先生(賃貸UP-DATE実行委員会 代表)

<講義内容>
おしゃれなリフォーム・リノベーション・モデルルーム化は、成約率UPには効果的ですが空室対策にはなりません。 
本当の大家さんの仕事は入居者さんが引っ越して来てからです。

空室対策より満室対策を!!

賃貸にストーリーブランディングを取り入れることにより、入居者さんの視点から発想し共感や信頼など入居者さんにとっての価値を高めていくストーリーの最大の特徴は、「人」が主人公 あなたの賃貸にストーリーを加えることで平凡だったアパート・マンションがキラキラと輝きだします。

ストーリーブランディング』 〜賃貸経営に大切な3つの眼〜
視点」 「視野」 「視座

空室対策では、多くの大家さんが入居者さんが決まるまではいろいろ成約になるよう努力しますが、入居後は何もしない方が多いという現実。
大家業として本来の仕事は入居者さんが住み始めてからがスタートです!
 
 
【第二部】 『満室経営(空室対策)のパネルディスカッション』
 
★パネリスト : 林 浩一先生(賃貸UP-DATE実行委員会/代表)、
海野真也氏(東京調布大家の会/ 代表)大川克彦(アパマン経営の寺子屋/ 代表)

<ディスカッション内容>
・満室経営を持続するためには
・募集会社とのコミュニケーション方法
・付き合う営業マンと付き合わない営業マン
など。。。


botan_mousikomi.gif


●会場:武蔵野プレイス(中央線武蔵境駅歩1分)
●開催日時:2017/1/28 (土)14:00-16:30
●定員:20名
●参加費用:3,000円  
●参加者へのお知らせ
 ・入金確認後、正式受付となり会場のご案内をさせていただきます。
 ・領収証の発行はしておりません(お振込みの控えを保管してください)


botan_mousikomi.gif

懇親会&新年会
●時 間:17:00-20:00 頃
●場 所:会場近くのお店
●参加費:5,000円
●定 員:15名

※勉強会のみ、懇親会のみの参加も受け付けておりますが、懇親会のみご参加希望の場合は勉強会参加の方を優先します。

尚、定員数を超えた段階で、受付終了となりますのでご了承下さい。


botan_mousikomi.gif